羽生丈二という男

【book/comic】

神々の山嶺(上) (集英社文庫)

夢枕 獏 / 集英社

スコア:



久しぶりになりました。
理由はこの1冊です。



久々に心震える1冊に出会いました。



久々というより、
今まで出会った本の中で一番心震えたかもしれません。



感動で涙が出る、
涙が溢れてとまらない、

というより、

胸が熱くなり、
思わず目頭に涙がにじむ。


そんな感動を得ることができる1冊です。


長い間読まず嫌いしていたことを後悔しました。


山の知識なんてなくても、
山岳小説ってちょっと、、、なんて思っていても、
夢枕獏さんて、あの「陰陽師」の?なんて思っていても、


とにかく、とにかく読んでみてほしい。
そのあとがきまで。


男のロマンだとか、
そんな簡単な言葉がチンケに思えてならない。
偉そうな言葉なんて、
何の意味もない。


もはやこの小説がフィクションなのかノンフィクションなのか
混乱するほどに、
一文一文が響いてきます。


そして、
羽生丈二という一人の男のその行く先が
気になって夢にまで出てくる。


そんな小説です。


その後、
三浦雄一郎さんや植村直己さん、野口健さんの著書を読み、
新田次郎さんの小説を手に取り、、、
すっかり「山男」の魅力に取りつかれたことは言うまでもありません。。。


「山をやっている」
「(元)山岳部」


なんて言われようものなら、
それだけで



「好きです!!!」



って言いたくなるくらい。



それだけで好きになってしまうだろうくらいに。。。



その後山岳小説というものをいくつか手にとってみましたが、
最初に読んだ感動、というものを差し引いたとしても、
この1冊がきっとNO.1であることは変わらないと思います。



山の厳しさ、偉大さは
フィクションの小説以上のものがあるのだ、



ということを確信させてくれる
フィクション小説です。



フィクションを越える物語がノンフィクションの中にあることを
教えてくれる…
それほどリアルに「山」というものが眼前に迫ってくる。


そんな1冊。


とにかく、とりあえず、読んでもらいたい。
[PR]
# by kayomz21 | 2012-10-25 18:47 | book/comic

こうありたい。

【book/comic】

道ありき―青春編 (新潮文庫)

三浦 綾子 / 新潮社



生かされて。 (PHP文庫)

イマキュレー・イリバギザ スティーブ・アーウィン / PHP研究所




今さら。


毎年恒例の。



明けましておめでとうございます。
毎年すぎて慣れましたね、この久しぶり感。



今、壁です。



そんな時に読むべき本であるかは…


まぶし過ぎて。
偉大過ぎて。


時によっては自分がいかに矮小な存在であるかを突きつけられるような
そんなある意味残酷なまでのひたむきさがそこにあります。


おそらく、
本当はこうありたい。
と誰もが思うであろう姿。


でも


こうあることにはどれだけの
努力、
心の強さ
信念…


なんて、
こんな言葉、
いくつ並べてても足りないくらい


強い強い信念を持って懸命に生きている
そんな人の物語。


刺激が欲しい人、
背中を押して欲しい人、
そんな人におすすめしたいそんな1冊。
[PR]
# by kayomz21 | 2012-02-15 01:16 | book/comic

しつこい女子は可愛いの法則

【movie/dvd】


書こう書こうと思いつつ、
時間が経ってしまいました。



2か月前位かな、、、



ふと、
時間ができたあの日、
今まで気づかなかった事実に気付くことができました。



しつこい女子は可愛い



という事実。



OCありがとう!
ライアンありがとう!
テイラーありがとう!


そう、
まだ観ていなかったOCの第4シーズンを観て、
目からウロコでした。


大げさじゃなく。


でも、
もう大人だし、
やっぱりこういう考え方って少し抵抗があるじゃないですか?



何か間違ってる?って。



ところが、
その直後に観たドラマ
(韓国版)イタズラなキス、
略してイタキスを観て確信に至りました。



この法則、
間違いない!!!
って。



The OC 〈ファイナル〉セット1 [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ


イタズラなKiss~Playful Kiss DVD-BOX1

エスピーオー

スコア:





ここからはネタばれがあるので、
知りたくない人は読まないで下さい。

more
[PR]
# by kayomz21 | 2011-06-06 02:53 | movie/dvd

若かった日々

【book/comic】

若かった日々 (新潮文庫)

レベッカ ブラウン / 新潮社




レベッカ・ブラウンの私小説短編集。


彼女の境遇を小説にしたら、
もっとドラマチック(死語?)に、
壮大に描けるのだと思う。


それを相変わらず淡々と、
ありのまま大げさにすることなく表現している。
(ように思える)


多感な青春時代を
すごく冷静に描いている様子が彼女らしい。


どこか大人びていて
それゆえに
誰かの気づかれたくない深層に気づいてしまったり
(彼女はそれを特別なことだとはきっと気づいていない)
自分自身をありのまま自然に受け入れていたり


余っ程今の私より
地に足が付いていて
自分を反省したい気持ちになる、、、


とにかく、
彼女のそんな青春時代に
何だか胸が締め付けられるような気持ちになった。


でも、こうして生きてきたからこそ
あんな作品を書くことができるんだろうな。


かなわない。
(あたりまえだけど)
[PR]
# by kayomz21 | 2011-06-06 02:43 | book/comic

グッド・バッド・ウィアード

【movie/dvd】

グッド・バッド・ウィアード [DVD]

ワーナー・ホーム・ビデオ

スコア:


★★★☆(3.5点)


面白い!


気軽に観れて、
気分がスカっとする感じ。


観て気持ちが重くなることも
色々考えることもなく観れる作品。


で、
イ・ビョンホンを観る度に思うことが、、、


かっこいい


特別好きだとかじゃないし、
イ・ビョンホンが出演してるから観よう!!
ってゆうのもないんだけれど、、、


たまたま観て、
そのたび毎回思う位なのだから、


これって好きってことですか?
誰か教えて欲しい。


とにかく何なんだろう、あの魅力。
何をしても魅力的なの。(←病気?)


そしてソン・ガンホがとってもいい味です。
韓国ドラマとか映画でよく出てくる面白味を出すアジョッシ(おじさん)いるでしょ?
あれを出しつつの
含みのある感じがすごい。


因みに、
チョン・ウソンは言うまでもなく


『「男前」ですね。』



そんな(どんな)映画です。
ぜひ。
[PR]
# by kayomz21 | 2011-06-06 00:42 | movie/dvd

私たちがやったこと

【book/comic】

私たちがやったこと (新潮文庫)

レベッカ ブラウン / 新潮社

スコア:




からだの贈り物の作者の短編集。
とにかく、その表題作がとても印象的な短編集でした。


私たち、
というか


彼女たちがやったこと。


こんな究極があるのかと驚きつつ、
そんな選択もある意味自然な考えなのだと思う私がいました。
不思議な説得力。


お互いに依存しなくては生活すらままならない、
そんな選択をした2人の物語。


はっきりいって、
行き過ぎていている。
人の思いの強さに感動というより
むしろ恐怖を感じるほど。


それでも彼女たちは彼女たちなりの幸せを見出している。
とても自然な選択だったのだと思う。


そう思わせるこの発想、作者の繊細さ。


やっぱりあの「からだの贈り物」の原点は
こうゆうところにあるんだろうな。


レベッカ・ブラウンの
「若かった日々」でもまた、
彼女の原点を感じたんですがそれはまた。
[PR]
# by kayomz21 | 2011-05-09 09:08 | book/comic

いちばんここに似合う人

【book/comic】

いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)

ミランダ・ジュライ / 新潮社

スコア:



異常ではないけれど、
少し風変わりで行き過ぎた人たちの物語が詰まっています。

風変わりで行き過ぎてしまっている物語って、
何故だか余計に切なかったり、悲しかったりしませんか?

自分が風変わりであることに気付くことなく、
自分が行き過ぎていることを教えてくれる人もいない。
教えてくれる人がいたとして、
認めたり受け入れたりすることが難しい頑固さを持っている。

そんな不器用さが伝わってくるからかもしれません。

でもね、どの物語も悲しい結末や描き方はされていません。
そこがすごく好感度が高くて好き。

決して理解できる物語ではないけど、
一生懸命さや必死さや一途さが
少し風変わりな行動や言動を引き起こしているのであれば、
もしかしたら
自分の物語がこの中に1篇位混じっているかもしれない。

そんな作品。


先日観た「ミスにんじん」という作品にも似たものを感じたんですが、
それはまた。
[PR]
# by kayomz21 | 2011-05-08 00:33 | book/comic

ONCE~ダブリンの街角で

【movie/dvd】

ONCE ダブリンの街角で デラックス版 [DVD]

ジェネオン エンタテインメント

スコア:



素敵な映画でした。

人一倍思い入れがあることを差し引きしても、
本当に素敵な作品でした。

一瞬、映画なのか、
それともあるアーティストのドキュメンタリー番組を観ているのか、
錯覚するような、そんなシンプルな作品。

ストリートミュージシャンである彼と
チェコからの移民の女性とが
ダブリンの街角で出逢い、
静かに心を通わせていく物語。

この映画は何といっても音楽が重要で、
2人の言葉にできない背景が
すべてそこに詰まっているといっても過言ではないと思います。

こうして文字で書き連ねたところで
その魅力が全くといっていいほど伝わらない。
残念なことですが…

ビフォアサンライズや
ビフォアサンセットのような作品が好きな人は
是非見て欲しいです。

ヨンソ好きなあなたへ
[PR]
# by kayomz21 | 2011-05-07 23:59 | movie/dvd

わたしを離さないで

【movie】

わたしを離さないで

b0015867_23201394.jpg


監督:マーク・ロマネク
キャスト:キャリー・マリガン
      アンドリュー・ガーフィールド
      キーラ・ナイトレイ
      シャーロット・ランブリング


やっと観に行けました。



ただただ、小説の世界がそのまま広がっていました。


観終わった時のあの感じ。
初めて小説を読んだときと(きっと)同じ感じだったと思います。

静かで
穏やかで
涙が溢れそうで溢れない、
むしろ、
軽々しく涙を流すことはしたくない、


そんな感じ。


この作品は本当に不思議で、
ジャンル分けされるとしたら、
一体どのジャンルに区別されるのでしょうか?


物語の設定と展開や訴求があまりにアンバランスに思うのに、
広がる霧がかった美しい風景と
謙虚なストーリーが
そのアンバランスさをとても自然に見せてしまっているような。。。


とにかく、
とてもよかったです。


キャストも本当にぴったりでした。
キャリー・マリガンの演技も秀逸で、
(わたしが考える)小説の行間まで、
とても丁寧に演じているように思いました。


小説の世界が好きな人も
きっと気に入るんじゃないかな?
[PR]
# by kayomz21 | 2011-04-24 23:51 | movie/dvd

心の緊張、解いてみませんか?

【book/comic】


すごい久しぶりです。
こんな時勢にこうして書くのも何かと思うんですが。



こういう時だからこそ。



実は今日から自宅待機を命じられています。
そして、朝から読書をしていました。


どうしてもテレビをずっと観る気持ちになれなくて。


テレビって少し怖くないですか?


自分で得たいと思うトピックだけでなく、
テレビがついている限りは、
さまざまな情報が否が応にも入ってくる。


もちろん、
必要な情報や知りたい情報も沢山あるけれど、、、


見続けていると、
何か煽られるような
そんな気持ちになる。


でも、
そんな気持ちをほっこりさせてくれたのがこの作品です。


友人に勧められ、
貸してもらって3週間…


何となく気持ちが乗らず、
他の作品に手を出したりしていたんですが。


阪急電車 (幻冬舎文庫)

有川 浩 / 幻冬舎

スコア:



もう、読んだことがある方も沢山いると思います。
何せもう文庫化されていて、
映画化もされるみたいですね。

少し前にドラマが大ヒットした
「フリーター、家を買う」の原作者、
有川浩さんの作品です。

些細な日常に中にある「気づき」が
じんわりと人から人へ伝播していく様子が
とてもわかりやすい文章で
とても簡潔に
そしてとても温かく
描かれていました。

きっと日常にありふれていて
でも中々気づけないような、
でも些細な気づきを持つことから始まる物語に
思わず何度も目頭をおさえました。

もしかしたら、
今だからスッと入ってきたのかもしれないけれど、
それも出逢い。

でもね、
色んなことを差し引きしても、
決して綺麗に描かれすぎていることがなく、
とても好感がもてる、
そんな作品です。


今、心が緊張している人。
今、不安感に襲われている人。
何だか落ち着かない時間を過ごしている人。


そんな人達にお勧めしたいな。。。



人が人に与える力は何にも代えられないものがあると、
改めて、
優しく温かく教えてもらった気持ち。


家に居ながら、
日向の縁側で読書をしているような気分で読了。



[PR]
# by kayomz21 | 2011-03-16 19:56 | book/comic